相談内容は具体的に言う

何が起こったのか弁護士に説明する

テレクラで出会った女性にお金を請求されたり、商品を購入するよう強要されるトラブルがあります。
断ると怖い男性が現れて、2人から脅されるので不安に感じてお金を支払ってしまう人が多いです。
そのような内容のトラブルだったら、包み隠さず全てを弁護士に伝えてください。
重要な部分を弁護士に伝えていないと、実力の高い弁護士でも解決できません。

結果的に、自分が不利になります。
恥ずかしいかもしれませんが、弁護士に相談したことは第三者に洩れることはありません。
絶対秘密になるので、安心して全てを話せます。
テレクラで起こったトラブルを解決するためには、弁護士を信頼することが大事です。
すると、弁護士もこちらを信じてくれます。

お互いの信頼関係が大事

弁護士に相談する時は、信頼関係が大事だと言われています。
こちらが情報を提供しないと、弁護士は信頼してくれません。
すると、テレクラで起こったトラブルを解決しようという気持ちにならなくなるでしょう。
情報を提供しないことは、相手を信頼していないことに繋がります。
弁護士は、自分を信じてくれない人のために力を発揮しようと思いません。

弁護士を信じることで、力を100パーセント発揮してくれます。
テレクラで大きなトラブルが起こっていた場合でも、弁護士が解決するために必死になって活躍してくれるでしょう。
信頼関係を築く意識を持ってください。
何となく信頼できない弁護士だと思ったら、依頼しないで別の人を探すのも良い方法です。


この記事をシェアする
TOPへ戻る