知っておきたいリフォームとリノベーション

>

住まいを探そう

リフォームとは

1度は聞いたことのあるリフォームという言葉ですが、その意味をきちんと説明できる方は少ないのではないでしょうか。

リフォームは、「一般社団法人リノベーション住宅推進協議会」において、「元の状態へ戻すための修繕や営繕、不具合のある箇所の部分的な改善や対処」であると定義されました。
すなわち、リフォームというのは、古くなって汚れたり壊れたりした部屋の内装などを新築の状態に近づけることを指すと考えて良いでしょう。
例えば、剥がれてしまった壁紙を貼り替えたり、古くなったお風呂を新しいものに取り替えたりといったことが挙げられます。
このように部分的に直す、または新しくすればよい、という場合に行われるのがリフォームというものです。

リノベーションってなに?

さて、それではリノベーションとは一体なんでしょうか。
リフォームより耳慣れないという方もいらっしゃるのではないかと思います。

リフォームが部分的な改修を目的としていたのに対し、リノベーションは全てを最初から考え直すことを指します。
すなわち間取りや配管、内装に至るまで全てを変えることができるのです。

風通しのよいリビングにしたり、ファミリー用や一人暮らし用の間取りを変えてみたりといった、自分が暮らしやすいように作り替えることができるのがリノベーションの最大の強みです。

リノベーションすることでその家には新しい価値が生まれ、機能が変わります。
リフォームよりも可能性が広がるのがリノベーションと言うこともできるかもしれません。