リフォームとリノベーションはどう違う?

知っておきたいリフォームとリノベーション

リフォームとリノベーションの違いは?

新生活がスタートする春、学生や社会人の方、ファミリーの方々など、多くの人が新しい家を探す機会が増えますよね。
皆さんは、どんな基準でお部屋を選びますか?
駅や商店街などから近いところであれば、通勤や通学に便利ですし、お買い物にも困りません。
家族が多いなら、部屋数や広さのあるお家が良さそうです。
一人暮らしの方でも、自分のこだわりがあるかもしれません。

しかし、実際にお部屋探しをしたことのある方はご存知かもしれませんが、自分の理想にぴったりのお部屋を見つけるのは意外と難しいことなのです。
駅や人気のエリアだと、どうしても家賃が高くなったり、新築物件が少なかったりしますし、せっかくあったとしても古かったり、狭かったりと利便性に欠けていたりといった問題があることも。
どこかで妥協して住まいを探している方も多いのではないでしょうか。

では、このようなときは他には選択肢がないのでしょうか。
そんなことはありません。
一つの選択肢として知っておいて頂きたいのが、リフォームやリノベーションをするということです。
これらはどちらとも、大きくいえば元あるお部屋を改修工事することを指します。
つまり、お部屋の立地などはそのままに、お部屋自体を改修する、ということです。

例えば、立地は最高だけど中が古くて使いづらい、汚れが目立つなどといったことが気になるのなら、使いにくいものを新しいものに取替えたり、汚れが目立たないように作り替えたりすれば、快適に過ごすことができるかもしれません。

このリフォームとリノベーション、実は少し意味が違います。
これから住まいを探すという方、リフォームやリノベーションを考えている方は、ぜひ1度この記事でその違いについて確認してみてください。